お知らせ

2020/05/28緊急事態宣言の解除に伴う構内立ち入り禁止の段階的緩和について

清和大学短期大学部
学長 真板竜太郎


 
清和大学短期大学部では、学生の皆さんの健康と安全を最優先し、対面授業や大学行事を中止、入構制限など感染拡大防止策を徹底してきました。
 
皆さまもご存知のように、5月25日に、首都圏4都県に発出されていた緊急事態宣言が政府により解除されました。同時に千葉県の施設の使用停止要請も解除されました。これを踏まえ、本学でも構内立ち入り禁止を緩和することとしました。
 
授業については、5月11日(月)からスタートしたオンライン授業を8月8日(土)まで継続いたします。引き続き主体的な学習に取り組んでいただくようお願いします。
この緩和措置により、実習指導及びピアノ指導に関する授業、その他担当教員の認める登校は差し支えないものとします。
 
また、学習環境が十分に整っていない学生さんには、これまでと同様にオンライン授業のための教室使用は可能です。
なお、図書館の使用についてはホームページ上でお知らせしますので確認をしてください。
 
しかしながら、予断の許されない状況は続いており、密閉空間・密集場所・密接場面の3つの条件が重なる場を避けつつ、感染リスクを高める行動を慎まなければなりません。
 
入構にあたっては、引き続き咳エチケットや手洗いなどの基本的な感染症対策を徹底しながら、自覚ある行動をお願いします。
 

入構にあたっての留意事項


・登校前に自宅で検温をすること
・少しでも体調に不安を感じる場合は、登校を控えること
・登校の際は、必ずマスクを着用すること
・室内施設使用の場合は換気に努めること
・基本的な感染症対策(手洗い、うがい、咳エチケット等)を徹底すること
・他の学生との会話を極力控えること
・入構を認める施設以外への立ち寄りは控える事
 
以上、ご理解のうえ、ご協力をお願いいたします。

← 前の記事 記事一覧 次の記事 →